TOMODA DESIGN COMPANY ブログ

office information

熊本の広告会社 BRAND DESIGN COMPANY

企業のブランディングや広告戦略をプロデュースする TOMODA DESIGN COMPANY ||| GOOD COMMUNICATION!

ホームページ制作 TOMODA DESIGN COMPANY inc. ||| Design project

(社)日本グラフィックデザイナー協会 正会員

(社)日本グラフィックデザイナー協会 正会員

トモダデザインカンパニーのブログ

トモダデザインカンパニーのブログ

2015年10月アーカイブ

T-Chanハロウィン化。

2015.10.26

T-Chanハロウィン化。

2015.10.26

世の中、ハロウィンハロウィン言ってるので。
Tちゃんをハロウィンに変化させてバックグラウンドをハロウィン化。
 
 
20151026b.jpg
 
 
通常Tちゃん。
20151026a.jpg

Category is |

まとめ直して16Pコンセプトブック!

2015.10.24

まとめ直して16Pコンセプトブック!

2015.10.24

20151024c.jpg
 
 
これは社是、これは社訓、これはミッション、
これはデザインポリシー...etc。
これまで断片的だったり随時書き足してきていた会社の理念など、
再度、これまでの言葉をまとめ直して今週末に向けて準備。
 

できるできないは別として、日々、スタッフに向けての教育や
会社の事を常に伝え続けていかなければいけないと思います。


20151024a.jpg
 
 
かなり文字ばっかりですけど、それだけたくさん伝えられる事や
TDCのコンセプト、他にはない誇れる優位性があるという
情熱の16ページコンセプトブック完成!(友)
 
 

Category is |

「ブランディング」の本質

2015.10.21

「ブランディング」の本質

2015.10.21

20151022a.jpg 
 
 
この頃「ブランディング」「ブランド戦略」などの言葉を良く耳にします。
私もブランドづくり、ブランド戦略は非常に大切で、
第5の経営資源とまで言いきれますし、考えないことはできないほど
経営にとって重要な基軸です。
 
 
ブランドを構成する要素の構築
ブランドをつくるための発見
ブランドとして確立するための方法
ブランドを広めていくための手段
ブランドが成熟したときの管理
ブランドをさらに強力にするための参入障壁づくり
...etc


決して、表層(見た目のデザイン)のことを継続していくことが
ブランドづくりという単純なことではなく、ユーザーが「ブランド体験」を通して
徐々に時間をかけて立ち上がっていくものだと思います。
 
 
そもそもブランドとは、一瞬でそのブランドの付加価値が認識されることです。
しかしそこには、「認識」だけではなく「そのブランドの付加価値やそれまでに体験したブランドロイヤルティ」も存在します。我々でも様々なサービスや商品を購入する際、購入前、購入後、サービスや商品を体験する、その後のアフター、自身からの拡散までを含めて「ブランド」の一部なのです。(友)
 

Category is |

ふわっと軽いエアラス。

2015.10.16

ふわっと軽いエアラス。

2015.10.16

 
 
昔から紙が大好きです。
印刷物をデザインする上でも紙の選定はデザイン・仕上がりを左右します。
 
 
今年春頃のJAGDAのDMにはいっていた、A4一枚ペラものの「airus(エアラス)」。
ずっと、机のヨコに置いていました。
すると先日、平和紙業の営業さんから紙をご紹介したいと電話がありご来社いただきました。
 
 
そこで冊子になっているエアラスの見本紙をいただきました。
見本紙中面は世界の100歳以上の人物を撮り続けている
ドイツのカルステン・トーマエレンという写真家の写真でデザインされています。
見本紙の一部には話題の方も載っていました。 
 
 
201510162.jpg 
201510164.jpg
201510165.jpg
 
 
エアラスを科学的に、詳しく分析して紹介しているページもあり、
これが紙全般の知識についても非常に参考・勉強になるコーナーです。
 
 
201510166.jpg 
 
 
このエアラスを最初にさわったときの印象は「フワ軽」。
とにかくフワッとした軽さですけど、微塗工紙なので、グロス感もあり、
中間色もグラデも美しく印刷されているので、良いな〜と思っていました。
 
 
風合いのある紙で、高級紙で良く使用されるヴァンヌーボやミスターB、
先日TDCの10周年でもつかった少し軽いミセスBなどがありますが、
その雰囲気もありつつ、フワっとしています。
数十ページの冊子になったものをもつと、さらに分かります。
 
 
201510161.jpg
 
 
その他にも、昔からあるケンラン紙(結構先輩のデザイナーさんからよく聞いていた紙)の最新版、S.SCOASTERというボール紙のようなコースター専用の紙、これは塗工されていないので印刷する場合はUV必須だそうです。インクがにじむので当然ですね。それから価格的には少し割安で使えそうなグラディア。表面のエンボス加工(片面のみ)のパターンズ、など、たくさんの見本をいただきました。(友)

Category is |

TDCのスマホサイト公開しました。

2015.10.13

TDCのスマホサイト公開しました。

2015.10.13

 
 
TDCのスマホサイトを公開しました。
1ヶ月前ほどですが。
 
 
20151013.jpg
 
 
弊社で早急に、スマホサイトが必要ではなかったのですが、いろんな要素を検証するために自社サイトでテストしています。効果的な結果が得られると良いのですが。
 
 
バス停、駅、市電、カフェや飲食店、いつでもどんなときも、ここまで人の行動の中にスマホが入り込んできて、日常の景色であって当然の存在になっていますね。もうマトリックスの世界に限りなく近いのではないかと少し心配です。便利なツールとして利用するのか、支配され利用されているのか・・・。
 
 
以前からスマホサイトの必要性は多少感じているのですが、必要なサイトはすべてではなく、私はケースバイケースだと思っています。
自分自身がスマホで情報収集をする際に、スマホサイトが無い場合に困るときもあれば、逆に、PCサイトを見たいのに、スマホサイトが表示され、htaccessなどでの振り分け設定でPCサイトが見れなく困る場合もあります。結果、得たい情報やビジュアルの情報が得られない。
 
 
カスタマージャーニーマップなどで、いつどんなときにどんな情報をどんな状況で得たいのか、ターゲットの行動中でスマホで探す情報と、PCで得たい情報等をきちんと整理して把握し、その上で、スマホ、PCのサイト両方の情報設計を無駄なくすることがベストなのでは、と考えています。
やはり「目的」と「設計」ということが重要なんですね。それから合理的で無駄がないことも大切ですが、なんにしても「遊びやユーモア、楽しさ」のスパイスももっと大事。(友)
 
 

Category is |

(続)秋、お仕事頑張っております。

2015.10.01

(続)秋、お仕事頑張っております。

2015.10.01

 
 
先日、サイトをひとつ公開いたしました。
 
 
長期的なプロジェクトだったので、ここまで来るのに数年。
いよいよ本格的に動き出します。


201510011.jpg
 

次世代の松やにクリーナー「Re-MOVER」
https://www.re-mover.jp/

 
 
 
201510012.jpg
 
 

この製品はハンドボールをする際にボールの滑り止めのため、手に松やにをつけてプレイするのですが、その松やにを落とすためのクリーナーです。様々な国内外メーカーから販売されているものがありますが、このレムーバーは松やにの洗浄力、洗った後の使用感がこれまでのものとは別次元のクリーナーです。
 
 
また化粧品原料のオイルの配合や中性なので敏感肌の方でも安心して使用できます。
製品自体の開発からネーミング、パッケージの開発、ECサイト構築・・・と、リリースまで進んできましたが、これからが本番であり、TDCの真骨頂を発揮してまいります。(友)

Category is |
TOMODA DESIGN COMPANY

株式会社 TOMODA DESIGN COMPANY

(友田昌幸デザイン事務所)
〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍4丁目 1-5 シーマ神水 2F-B
Tel+Fax:096-365-8387

ホームページ制作(製作・作成)を軸としたブランディングや広告戦略を
プロデュースします。グラフィックデザイン、広告制作、WEBデザイン、
映像制作など、幅広いフィールドでデザインをおこなっています。

Copyright 2005-2011 Tomoda Design Company All Rights Reserved.

ホームページ制作 熊本

会社概要
フィロソフィー
ブログ
お問い合わせ
サイトマップ

制作実績

ホームページ制作実績
Facebook制作実績
SEO対策について
シンボルマーク・ロゴタイプ制作実績
セールスプロモーションツール制作実績
広告デザイン制作実績
ダイレクトメール制作実績

プロジェクト

MONO
HIKKOSHI PROJECT
SHIBA PROJECT